KS-corporation

Read Article

【朗報】Facebookページ間でのタグ付け機能が搭載されました。

dcfefef0108d9fc7126a33b665d0c832

(ガイアックスメディアより引用)

 

ディフシオンユーザーへ朗報です。

Facebookの仕様変更が多々あり、なかなか定まらない中、
集客をしたい企業や個人事業様、ディフシオンユーザーにかなりお得な機能が付きました。

それが「タグ付け機能」です。

目次

  1. タグ付け機能とは?
  2. 企業間タグ付け機能とは?
  3. 企業間タグ付け方法
  4. どういう形で表示されるの?
  5. メリットはあるの?
  6. タグ付けに関する気になる点

タグ付け機能とは?

個人ページ間ではすでに当たり前にあるタグ付け機能。
それが今度は企業間で行えるようになりました。

個人ページではタグ付けすると
タグ付けされた、ユーザーの友達にも反映されるというもの。

つまり、友達の友達にまで宣伝することができるので、アクセス数は飛躍的に上がります。

企業間タグ付け機能とは?

基本的な仕組みは個人間のタグ付けと同じです。

ただし、規模が格段に大きくなるので、アクセスやリーチは爆発的に集まる可能性があります。

 

企業間のタグ付け方法

やり方はとても簡単で、投稿に@マークを入れて、続けてブランドページを入力するだけです。

▼コカ・コーラさんをタグ付け。普段の投稿で友達をタグ付けする方法と同じです。

943a6f08ca56befdd73c1748da0daf3a

 

どういう形で表示されるの?

『ガイアックスソーシャルメディアラボのFacebookページが、投稿にコカコーラさんのFacebookページをタグ付けした場合』、次の人達に投稿が表示されます。

・ガイアックスソーシャルメディアラボのファンのニュースフィード
・コカ・コーラさんのファンのニュースフィード
・ガイアックスソーシャルメディアラボのタイムライン

つまり、タグ付けした側とされた側両方のニュースフィードに表示さるため、リーチの増加が見込めます。

タグ付けされたページのタイムラインには、投稿が表示されないようです。

▼タグ付けされた投稿の例
0e9ecfac0d995cafa31d0dd0bed4efa1

(ガイアックスメディアより引用)

 

メリットはあるの?

・リーチの増加が見込める
・他企業との連携で更に投稿を面白くできる
こちらの2つのポイントが大きいと思います。

リーチの増加については上で語ったように、タグ付けしたページのファンにも投稿がリーチするという単純な理由からきます。

2つ目のポイントについては、例えばスポーツ用品店とスポーツ選手や、スーパーと料理ページ自治体ページと地元のお店・旅行会社などなど、様々な組み合わせやコラボでコンテンツを発信し、双方のファンに好まれるコンテンツを合理的に発信することができそうです。

タグ付けに関して気になる点

さて、ここまで聞くと『じゃあこれを使ったら、小さなページが無関係の人気ページにタグ付けして投稿のリーチを伸ばせるのでは!?』なんて考えがよぎりますよね。

さすがにその辺りに関しては、Facebook側もアルゴリズムの調整などをおこない、双方のファンに関連度の高い投稿がしっかりと表示されるようにするようです。

しかしながら、例えば一見関連性のありそうなスパムページがタグ付けをした場合など、その辺りの審査がどうなるかなどが気になります。

この機能でFacebookはどうなる?今回の新機能をうまく使えば、Facebook上で投稿のリーチが大きく伸び、ファンのエンゲージメントの増加も狙えると思います。

ですが、誰でも簡単にタグ付けができるようになるということに関して、なにか弊害が出てこないかも少し気になります。

LINEの方では、先日の『3つの新サービス』の動きもありますし、Facebook側でも企業活用に関して、更なる一手がなにか欲しいと感じてしまいます。

Facebook運用者の皆さんは、既存の機能をどう活かすかというアイデアが必要になっていきそうですね。

そういった企業活用に関するアイデアについても、ラボの方で発信していきたいと思っています!

(ガイアックスメディアより引用)

Facebookでコメント

Return Top